秋華賞の由来を知り予想を楽しもう

詳しく知りたい!秋華賞の由来

秋華賞そのものの由来に関しては、言葉の意味からとれるものとそのレースの前身となったレースからとれるものと二つのケースが考えられます。
まず言葉の由来に関して秋華という文字は、中国の詩人が自身の詩の中に残したあきのはなに由来する言葉だと言えます。
秋という言葉には大きな実りの意味が存在し、華には名誉の意味が込められていますのであきのはなと加えて秋の三歳牝馬の最終戦にふさわしい意味になっています。
秋華賞は、日本競馬の歴史の中から見るとそれほど歴史が深いレースではなく設立されたのは1996年になってからです。
牡馬三冠レースに関しては戦前からの歴史が存在するため既に歴史的な意味合いを持っているのですが、牝馬のクラシック戦線の最後を飾ると考えられている秋華賞には実はそれほど歴史的な重みは存在しません。
ただし、これはレースの格を下げるものではありません。
秋華賞にはそのレースの前身であったレースが存在します。
このレースのことをエリザベス女王杯と言い、三歳牝馬戦線の最後を飾るレースは秋華賞ではなくこのエリザベス女王杯でした。
エリザベス女王杯は、1975年にエリザベス女王が来日した記念に設立されたレースであり、翌年の1976年に設立されました。
このレースから20年を迎える1996年に秋華賞が設立されたのは偶然ではなく、エリザベス女王杯を前身として牝馬の最後を飾るにふさわしいレースとして設立されました。
元々、日本国内のいわゆる三冠レースというのは牡馬クラシックのことを指し、牝馬に関する三冠レースに関しては主催者であるJRAがその存在を公式に認めたことは一度もありません。
牝馬でクラシックとして定義されているレースは春に開催される桜花賞とオークス、つまり優駿牝馬の二つだけであるため、本質的な言い方としては二冠牝馬という表現は出来ても牝馬三冠という表現は間違っていることになります。
ただ、日本国内においては牡馬クラシックを制覇した牡馬三冠馬が存在する以上、それと対比できる存在として牝馬三冠という存在が必要だったという事情もあります。
そのため、公式ではないのですがその時代のメディアによって牝馬三冠の最終レースの位置づけとして秋華賞というレースが定義されました。
実際に、現在においてもJRAは秋華賞をクラシックとして認めていないので間違えないようにしましょう。
前身だったエリザベス女王杯というグレードレースをそのまま昇華させたのが秋華賞であるため、この違いをしっかりと覚えておくことです。

秋の3歳女王を決定する秋華賞、うら若き乙女たちが挑む晴れ舞台で馬券を的中させるため、私達もしっかり準備しておきたいですね!
まずは情報収集が大事、無料の競馬予想サイトを活用しておきましょう
こちらの秋華賞予想はデータが充実し、高い回収率を見せている為、かなり参考になるのではないかと思います。
しっかりと勝つ為の予想を行いましょう!